とりこくラボ募集要項

とりこくラボ募集要項

1.主催
一般社団法人日本パソコン能力検定委員会

2.趣旨
2000年、政府がe-japn戦略を掲げ、日本型IT社会の実現を目指した社会背景のなか、青梅市をはじめ全国で展開されたIT講習会の講師を養成することを目的として「うしみつ」を開始しました。
吉田真(現代表理事)が講師となり、書写書道の先生等がそれぞれの授業が終了した後の22時頃から、パソコンの基本操作やそれぞれの先生が抱えていた課題を持ち寄って、自主的に学んでいました。授業が行われていたのは22時頃からでしたが、夜の遅い時間に学ぶということで、丑三つ時になぞらい、うしみつと命名されました。このうしみつから多くの講師を輩出しました。
2020年現在、IT人材が約40万人不足といわれている中、生活や社会における問題をプログラミングによって解決することができるIT人材の育成は急務です。ITを活用した生産性の向上を推進できるデジタル技術を徹底活用できる人材の育成に資することができれば幸いです。

3.目的
共有とオープンソースの精神で社会に役立つプログラミングを創造できる人材を増やす。
新たな人材を輩出することを目的として、うしみつで培った経験をもとに、酉の刻に学びを行う「とりこくラボ」を開始します。

4.概要
プログラミング・人工知能、画像編集・動画編集・デザイン(クリエイティブ)に取り組みます。参加者一人一人が作ってみたい、取り組みたいテーマを持って、自学自習・共学・連携の学習形式を取ります。「答えは、誰かに教えてもらうものでなく、自らの手で導き出していくもの」そして「自ら課題を見つけ、解決する力」を身に付けていただくため、答えは教えませんが、アドバイスは行います。とりこくラボのメンバーが様々な共有を通して、成長できる場を提供します。
1回の授業は3時間とし、以下の通りの時間配分を想定しています。内容は時間配分は、参加される方々によって変更となる可能性がありますので、ご容赦ください。

 ・参加者ごとのテーマに取り組む(2時間)
 ・ラボ全体の共通課題に取り組む(1時間)

5.日程
2020年3月7日(土)
月に1回、毎月第3土曜日(初回のみ上記日程)
17~20時は会議室で研究テーマについての共有を座学
20時以降は居酒屋で振り返り

6.会場
一般社団法人日本パソコン能力検定委員会 会議室(ことがわら学園内)
青梅市河辺町10-14-12

7.募集定員
5名

8.募集期間
2020年1月20日(月)~(定員になり次第締め切ります)

9.参加資格
・プログラミング、AI、動画編集等、取り組みたい方
・解決したい課題を持っている方
・共学(他のメンバーと教え合う)できる方
・20歳以上
・参加される方専用のノートパソコンを持っている方

10.参加費
無料(必要な教材費、居酒屋の費用は自己負担)

11.お申込み方法
一般社団法人日本パソコン能力検定委員会のホームページのとりこくラボ参加申込みフォームよりお申込みください。お申込み後、事務局よりご連絡させていただきます。ご連絡後、個別に面談を行い、合否をお伝えします。

参加申込みフォームURL
https://forms.gle/z2ec7XfeGkS4nhXR9

12.事務局メールアドレス
kentei@pasoken.or.jp